「再エネの里」8月の影の様子                  ≪撮影日:2015年8月18日≫

8月18日14時20分撮影での日影の出来方と畑の様子。

8月28日14時40分撮影雨の合間の曇り空、散乱光になる為、パネル下にも影は出来ず、日照量が日向と日影同じになる予想です。

ソーラーシェアでの大豆の生育観察            

8月18日 大豆の観察

     ↑ 日影大豆

豆のさやがまだ厚みが薄いですが、しっかりと身を着けています。日向より背丈が大きいです。

     ↑ 日向大豆

こちらも、日影同様に、豆のさやの厚みが薄いですが、しっかりと身を着けてます。


ここまでのまとめ

身丈が日影部の方が大きい。日向の方が全体的に枝葉が、小作りになっているようです。

実の数は、日向、日影関係なく見える、これから身の入り方に違いが出てくるか調べてみたい。

ソーラーシェアでのカボチャの生育観察            

8月18日カボチャの観察

↑日影のカボチャの様子

↑日向のカボチャの様子

実の数は5個で成長を続けています。

大きさも7月末から変わらないので、そのまま実の内部で成熟している様子です。実の数が足りないのは、弦がネットから落ちて地面で成長を続けているからです。









実の数6個で成長を続けています。

大きさも根元の方が大きな実となっていて、こちらも7月末と大きさが変わらない様子です。


8月28日の観察

↑根元に近い方から、収穫しました。

↑大小様々な、坊ちゃんカボチャ

弦の根元の方の、かぼちゃを収穫しました。










 



サイズは、大きいもので直径16cmあり、小さいものでは直径10cmになりました。今回は根元の方の養分を沢山吸ったカボチャの収穫なので、16cm大の大きさを多く収穫できました。


イベント情報

11月10日(金)
バイオガスから考える
南三陸スタディツアー

お問い合わせ先

info@ee-minamisoma.jp

 

TEL: 080-2378-8322
       (中山) 

h.nakayama21@gmail.com

 

 

 

 

 

■ ■ リンク ■ ■

■ ■ ■

■ ■ ■