みんなで考えよう「省エネ・新エネで街づくり」第一回[2012.10.21]

10月21日(日)午後に

みんなで考えよう!『省エネ・新エネで街づくり』

を開催しました。

 

場所は、南相馬社会福祉協議会視聴覚室

参加したのは18名。
これからの視点を共有した後、皆で話し合って

どんな街にしたいかを考えました。

 

プログラム

■ パート1 対話による想い共有 1:3015:20

 ~ これからの視点を共有した後、

   自由な雰囲気で皆の想いを重ね合います

  ◎ プレゼンター   :中山 弘(えこえね南相馬) 

  ◎ ファシリテーター :佐野 淳也 

           (地域活性化コーディネーター)

 

■ パート2 想いをカタチにするには?15:3016:45

 ~ みんなの想いを実現するために具体的に何をするべきか、皆で考えます

----------------------------------------------------------------------------

はじめに、研究会のねらいや この会にかける私たちの想いを共有します。

 

 私たちは、原子力に依存しない安全安心な街づくりを目指してます。

 このためには、行政主体の取組みと同時に、住民自らも、暮らしやすい街づくりを目指して、省エネの推進、再生可能エネルギーの積極利用などに取り組んでいくことが大切と考えています。

 

 エコ&未来エネルギー研究会南相馬は、このような住民活動を推進するための団体で、年内の設立を目指しています。

 

■私たちの想い■

◎ 復興がどんどん進んで欲しい

 ・ なんとかしたい気持ちはあるけど、自分でやるのは難しい

 ・ 行政はいろいろやってるけど、あんまり良く分からない

 ・ 外の企業が入ってるけど、地元の人や企業も関わりたい


◎ 再生可能エネルギーを復興のキッカケにしたい

 ・ 新たな産業になりそうだし、雇用にもつなげそう

 ・ 想いはあるけど、知識やノウハウがない

 ・ 目の前のことに精いっぱいで、先のことまで考えられない

 

◎ そろそろ街の将来のことも考えたい

 ・ この先の農業をどうしていくのか

 ・ 除染+農業再生+エネルギー でなにかできないのか

 ・ これからの街づくりをどうしていくか、みんなで考えたい

--------------------------------------------------------------------

具体的な活動として、第一に

エネルギーを上手に活かしながら

どんな暮らしをつくっていくか

みんなで考えていきます。

 

ほんとうの豊かな暮らしとはなんだろう

● エネルギーの自産自消、地産地消

● コミュニティーのある暮らし

 

対話を通して、みんなの想いを共有します。

今回はこのためのイベントです。

---------------------------------------------------------------------

今年2月の南相馬ダイアログで

300名ほどの方からいただいた

「どんな未来にしたいですか?」の主なご意見は

 

希望の持てて皆の笑顔が絶えないまち

☆ 1人ひとりの願う幸福が実現可能な未来

☆ 子どもも大人もお年寄りもみんな元気な街

☆ 自然エネルギーだけで生きていける未来

☆ 子どもの可能性を伸ばせる社会

☆ 人と人が互いを思い合える世の中になって欲しい

----------------------------------------------------------

対話 ”2030年の暮らし” での主なメッセージは

 

故郷良き文化を絶やすことなく

  の世代に残していきたい 

汚染された大地を再生して暮らしを取り戻す。

農地や使っていない土地を利用して再エネ発電。

こどもの笑顔を次世代へつなげていく。

先駆的老人社会の創出

南相馬に住んでよかったと言える町に!

女性が声を上げていろんなことに参加していく街

---------------------------------------------------------

プレゼンテーション 全文(36ページ)は以下からダウンロードできます。

みんなで考えよう!「省エネ・新エネで街づくり」第一回20121021
★10月21日検討会プレゼン資料 (NXPowerLite).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.2 MB

==================================================

プレゼンに続いては、佐野さんのファシリテーションで

これからどんな街にしたいか・・・の対話。

 

ワールドカフェ方式:カフェのようなオープンで

リラックスした雰囲気のなかの会話から創造的で

前向きな想いを共有する方法を用いて行いました。

 

最初のテーマは

『あなたは、この街を

 どんな街にしたいと思いますか?』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ワールドカフェ・トーク

 

まず、現状認識の共有から

● 農業をなんとか再生したい

● 風景を再生したい

● 農業だけでなく産業の充実をしたい

● 人口が減っているのをなんとかしたい

● 稲作を二年間休んだのは失敗

 (セイタカアワダチソウに占領されて悲しい)

----------------------------------------------

どんな街にしたいか(1)

 〇 自然の力を利用する(生活)シーンのあるまち

  →エネルギー、土、農業、林業、漁業、教育、遊び

  → 四季折々の農作業ができる

 〇 日本を変える先端の街にしたい

 〇 皆でやることがたくさんある街

 〇 カルチャー(文化)

   ネイチャー(自然)

  フューチャー(未来)

  の三つが揃っているまち

-----------------------------------------

どんな街にしたいか(2)

 〇 子どもたち、若い人が戻って来れる街

 〇 震災前よりいいなと思える街

 〇 閉塞感が亡くなる街

 〇 子どもの声が聞こえる街

 〇 地元の農作物が食べれる

 

このためになにをするか

 〇 話合いの場をつくる

  ・小さいところから

  ・各行政区単位で意見を出し合って

  ・市民からも行政に提案する

 〇 農業が出来る状態に戻す

  ・菜種、ひまわりの作付

  ・花卉等の園芸作物

 〇 放射能被害による区分けを見直して農作物がつくれるようにする

 〇 しまっている店舗等を開放して子どもの遊び場になれば良い

 〇 外部の力も借り、新たな案、考え方で切り開いていく

 

どんな街にしたいか(3)
 〇 若い人も来たくなる魅力のある街

  芸術と野生/たくましさが共存する

  Arty Jungle Town

 〇 明るくオシャレな街

 〇 ピンピンコロリの街=終の棲み家

 

そのためにどんなことをするか

 〇 居久根(いぐね:屋敷林)を1/2

   いぐねに代る断熱・遮熱・蓄熱構造

  ⇒ イグネータウン”

 〇 医療福祉の充実

 〇 みんなで想いを共有する

 

----------------------------------------------------

ラウンド2
目指す街を実現するために、なにをしますか?

 

 〇 全員参加型まちづくり

  ・引退した人たちの豊かな仕事づくりをする

 〇 日本中、世界中の人たちとの共同作業

 〇 学校、病院等の大きな建物の屋根にソーラー設置

 〇 工業高校はパネルや風車、発電機の学習と研究開発

 〇 南相馬の市民はなにかしら食べ物をつくっている

 

 〇 お金、やる気を大切にする

 〇 バカモノ、ヨソモノ、ワカモノを活かす

****************************************************************

対話ワークショップの感想

 ◎ いろんな人がいるから、

   考え方がミックスされて発想が拡がる

 ◎ 外部の人が入っていると、

   地元では気づかないことを再発見できる

 ◎ 女性の日常的な視点がもっと入ると良い

  (現状はオヤジ中心になってる)

  (チラシの言葉が固くて難しく感じる)

 

街の未来像について

 ◎ 主な方向性は一致している

 ◎ 具体的な取組みに発展させるために

   継続した活動が大切だと思う

 

****************************************************************

今後も 「省エネ・新エネで街づくり」を考えるの集まりを継続していきます。
よろしくお願いします。

 

 

イベント情報

現在予定している

イベントはありません

お問い合わせ先

info@ee-minamisoma.jp

 

TEL: 080-2378-8322
       (中山) 

h.nakayama21@gmail.com

 

 

 

 

 

■ ■ リンク ■ ■

■ ■ ■

■ ■ ■